《知って納得!》網戸から入ってくる蚊を徹底対策しよう!

蚊に刺された後の「やられたー!」
という悔しさとカユミに耐えて
この記事を書いています。

家の中ではなく外出先で
刺されたのでまだいいのですが、
これが家の中で刺されたとなると
次もどこからか狙われるんじゃないか?
と気になってキョロキョロしてしまいますよね。

リラックスしたい家の中で
蚊に飛び回られたらたまった
もんじゃないですよね!

そんな嫌な思いをしないためにも
徹底的に侵入対策をしましょう。

今回は「網戸」から入ってくる蚊の対策編です。
「玄関対策」編もあるから読んでみてね!
【蚊】を絶対入れたくない!玄関先での最強対策方法はコレ!

蚊は網戸のココから入ってくる!

では、蚊は網戸のどの部分から
入ってくるのでしょうか?

網戸をピッタリ閉めたつもりでも
実は色んな隙間ができていることがあるんです。

ご自宅の網戸も一つ一つチェックしてみましょう!

窓は右側の窓を開けるべし!

両開きの窓は右側を開けないと蚊が入りやすい!

この事実知らない方が多いんですよ、ホンマに。
左側の窓を開けると虫が入る隙間が
かなりできてしまいます。
(以前の記事から図を転載します)

通常の窓を上から見た感じ
(窓を閉めているので蚊は入れませんが、風が通らず暑いですね)

そこで、右側の窓を開け風通しをよくしました。
(網戸も窓も隙間がないので蚊は入りません)

しかし、左側の窓を開けるとどうでしょう。

めっちゃ蚊が入る隙間ができてしまいます!

網戸はしまっていますが、
網戸とガラス戸の間に隙間ができて
しまうんです。

信じられない方はご自宅の窓で
やってみてください!
人間の指が入ってしまうほどの
隙間ができてしまいます。

夏の間、ずっと左側の窓を開けると
いうことは「網戸なし」と同じ状況
なっているということを忘れないでください!

というわけで、
網戸にする際は部屋から見て
右側の窓を開けましょう!

網戸のフサフサは生きてる?

右側の窓を開けて窓と網戸の隙間を
なくしたら、次は網戸自身の機能が
生きているかを確認しましょう。

大事な部分は「モヘア」というフサフサ。
画像で確認すると、この部分です。

サッシとの隙間を無くすための
ブラシのような部分。
これが抜けてしまっていたり、
変な癖がついて隙間が開いてしまうと
蚊の侵入スペースとなってしまいます。

このモヘアは長年の使用で擦り切れて
隙間が開いてしまう消耗品です。

特に賃貸住宅では入居時に網戸の網は
変えられていてもモヘアが取り替えられて
いないことも多いようです。

現在の家に住んでからモヘアを
変えた記憶がなかったり、見たこともない
という方は今すぐ確認してください!

モヘアはホームセンターやネットで購入できます。

網戸に穴は開いていないか?

最後に、網戸の網に穴が開いていたり
破れがないかを確認しましょう。

もしも網戸が古いようでしたら
部分的にマス目が広がっている場合も
ありますので入念にチェックが必要です。

蚊の種類によっては、網戸のマス目を
くぐり抜けて侵入してくる場合もあるようです。

もし、ご自宅の網戸のマス目が大きいかなと
感じるようでしたら網戸を張り替えてしまう
のも対策の一つです。

ご検討してみてはいかがですか?

最後に

今回は「網戸」に重点を置いて
蚊の対策方法を調べてみました。

実際に僕の家でも実践していますが
ここ数年は網戸から家の中に
蚊が入ってきたことはありません。

他にも、ベランダに「虫除けグッズ」
を置いたり、網戸にスプレーをかけて
虫除け対策をするとなお一層の蚊対策ができます。

でも、まずは蚊が入ってくる隙間を
徹底的になくすことが根本的な対策ですので、
この機会にご自宅の窓周りを確認してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です